0120-73-0021
Difference

競売との違い

任意売却と競売は、売却する点では共通ですが、それまでの過程に大きな違いがあります。まず1つは、任意売却は自らの意思で売却すること、競売は債権者による強制的な売却であることが挙げられます。
その他、売却価格や引越、プライバシーの面等にも違いがあり、任意売却においては競売の精神的な負担もなく、新たな生活に向けて前向きな気持ちで売却に取り組めます。次に任意売却と競売の違いを比較しました。

項目名

任意売却

競売

売却価格

通常の売却と同じ販売活動を行い市場に近い価格で売却することが可能です。

裁判所が設定した価格で入札が開始、落札金額は市場価格のおよそ5割~7割程になります。

周囲の目

通常の売却と同じ販売活動を行います。近隣には事情を知られずに売却出来ます。

競売の入札希望者が訪問したり、周囲へ聞き込み調査にきます。競売情報は新聞、情報誌、インターネット等で公表されます。

引渡し

引渡し時期は、お客様の事情等を考慮し、債権者や購入者に相談することが出来ます。

競売の落札者が来て、強制的に引渡しを要求されます。

引越費用

債権者に対し、売却代金の中から引越費用の相談が出来ます。引越先は当社でお探しすることも出来ます。

売却代金は債権者の返済に全て充てられるため、引越費用は出ません。

残債務

売却価格によっては、残債務を完済、または少なくすることが出来ます。残債務は、無理のない返済で相談をすることが可能です。

市場価格より安く売却されるため、任意売却より残債務は多くなります。残債務は債権者より一括請求される場合もあります。

以上のように任意売却には多くのメリットがあります。
任意売却は、任意売却の実務を把握している実績と経験が豊富な不動産会社を選ぶことが任意売却の成功につながるポイントになります。