センチュリー21のネットワークで任意売却成功しました

お客様のご相談は、所有している賃貸中のマンションを任意売却したいというご希望でした。

売却の理由は、家賃のみでの返済が困難になったことや20年以上前に離婚した妻と共有名義になっていること等からです。

お客様は、競売ではなく任意売却で少しでも高く売却してほしいと希望がありました。

通常は当社で賃借人に直接交渉しますが、今回は賃貸の管理が地元のセンチュリー21の加盟店でしたので、その<続きを読む>

update: 2017/03/25

神奈川県のマンションのリースバックの契約をしました

先日、お客様のご希望のリースバックで任意売却を行いました。

債務状況は、住宅金融支援機構と年金の住宅ローンで約2,200万円あり、それぞれ6ヶ月、4ヶ月と延滞している状態でした。

お客様は、高校生と大学生のお子様がいらっしゃったので一時的な学費の負担により、住宅ローンのボーナス払いができず、そのまま延滞してしまったようです。

 

お客様のマンションの相場は、約2,<続きを読む>

update: 2016/11/28

不動産の共有持分の買い取りが困難なケース

不動産の共有持分のご相談の中で、これから離婚される方や離婚調停中の方が、夫婦で共有している不動産の共有持分を売却したいというご相談が多くあります。離婚の際、夫婦で所有する不動産の共有状態を解消したいという希望からなのですが、どちらか一方が同意せず売却ができない場合です。

離婚前や離婚調停中等の場合、夫婦それぞれの財産が確定していないことがあります。その場合、当社は不動産の共有持分を買い取るこ<続きを読む>

update: 2016/10/22

共有物分割訴訟は時間がかかります

現在、当社で共有物分割訴訟を行っている裁判の一つが、約3年かかり終了しそうです。

共有物分割訴訟は、共有している不動産の共有状態を解消する裁判です。

裁判は、当事者の条件や共有不動産の利用状況等をふまえて進んでいきますが、裁判の性質上、時間がかかります。

 

センチュリー21大正ハウジングでは、お客様が共有持分でお持ちの不動産の買い取りを行っております。

ご<続きを読む>

update: 2016/10/01

任意売却の手続きをしない任意売却業者

先日、任意売却のご依頼をいただいたお客様の話です。

約1年前に他の不動産業者へ任意売却の依頼をしたそうです。お客様は、更に有利に売却できるようにと引越しをしていつでも内見できるようにしてありました。

しかし、いつまでたっても売却の見通しが立たない状況と競売開始決定通知が届いたことで不安になり、その不動産業者へ連絡をしました。その際、曖昧な対応で更に不安になり当社へご相談いただきました。<続きを読む>

update: 2016/06/21

競売開始後の任意売却は時間に余裕がありません

先日、任意売却を無事に終えることが出来たお客様のお話です。
お客様からご相談があったのは、昨年の12月頃、競売の開始決定も入っていました。

お客様は、病があって職は半年ほど前から離れ、同居する家族の収入もなく住宅ローンを払うことができなくなっていました。その時のとても不安そうに、真剣に悩みをお話ししてくださった表情がとても印象的でした。

任意で売却するためには、債権者との交渉、引越し<続きを読む>

update: 2016/04/26

リースバックにて埼玉県の戸建ての任意売却を行いました

お客様のご相談は、子どもの学校を変えたくない、愛着もありこのまま住み続けたい、そして将来買戻したいとの希望でした。

お客様の債務額は、不動産の相場の額より1割くらい下回っていました。また、競売の申し立てもされており、約4か月が経過していました。

売却するまでに時間がかかれば、遅延損害金が加算され売却しても完済どころか債務が残る状態になります。

リースバックに拘らなければ、任意売却<続きを読む>

update: 2016/02/09

リースバックについて

最近、リースバックについてのご相談が増えております。
ホームーページで、リースバックのご案内をしておりますが、全てのお客様に当てはまるわけではありません。

例を挙げますと、不動産の相場が3,000万円とします。
表面利回りが10%と仮定すると、月額の賃料が250,000円の設定になります。

もし、お客様が月額の賃料を150,000円しか払えないとなると、不動産は1,800万円で売買<続きを読む>

update: 2015/11/28