競売後の督促

あるお客様が任意売却ではなく、競売で自宅を売却された時の話です。

競売終了後、数ケ月経過した頃にお客様から相談の連絡がありました。

お客様は、住宅金融支援機構から住宅ローンを借りていて、その住宅金融支援機構から委託を受けているサービサー(エムユーフロンティア債権回収)の代理人弁護士より債権の督促を受けました。

残債は、任意売却であれば分割返済での相談が出来る可能性が十分にあります<続きを読む>

update: 2012/11/29

任意売却の相談はお早めに

来年3月に控えた金融円滑化法の期限到来を受けて、「東京都中小企業再生支援協議会」では前年同期に比べて相談件数が6割増と大幅に増加しています。

これはリーマンショック後を上回る見通しになります。相談内容も返済猶予中にもかかわらず、経営改善が思うように進まず返済再開の見通しがたたない等深刻化しています。

しかし、終了期限が過ぎても金融機関は、一切の条件変更に応じなくなるということは無いと金<続きを読む>

update: 2012/11/27

スピーディな任意売却

あるお客様から任意売却の依頼(専任媒介)を頂いてから1ヶ月で、売買契約をすることができました。

それも債権者の査定価格より高い売却に成功しました。

任意売却の依頼を頂いてからの流れは、物件の調査→債権者に査定書提出→債権者・売主様と販売価格の打ち合わせ→販売活動(販売図面の作成・インターネット掲載〈センチュリー21ネット、Yahoo不動産、スーモ等〉・レインズ登録・新聞折込等)→案内→<続きを読む>

update: 2012/11/26

住宅ローンの事前相談で事故情報が発覚

お客様からマンションの購入を申し込みいただいて、住宅ローンの事前相談を行いました。

お客様の勤続年数、年収は問題がないのに銀行から事前相談の回答が否決でしたので、お客様に尋ねたところ5年位前に銀行の承諾のもと、債務を約300万円残したまま自宅を売却し、今でも分割で返済しているというのです。

「その時は任意売却されたのですか?」と尋ねると任意売却はしていないとのことでした。

<続きを読む>

update: 2012/11/08