0120-73-0021
Trouble of divorce

離婚による住宅売却でお悩みの方

最近では、夫婦共有名義で住宅を購入するケースが多く、離婚をした場合、住宅をどうしていいかわからないというお悩みの方が増えています。

夫婦共有名義の場合、住宅を売却するという両者の意思が必要です。離婚後、時間が経過してしまうと、売却に同意しなかったり、連絡が取れなくなってしまったりという場合もあります。

また、あるケースでは住宅に妻子が住み続け、出て行った夫が住宅ローンを払うという約束をしているものの、夫は自身の生活もあるため途中で支払いが困難になり住宅ローンの滞納に陥るという事例もあります。

これらは事例のほんの一部ですが、決して少ない事例ではありません。
このようなトラブルを避けるためにも、早期に住宅の問題を解決しておくことが大切です。離婚による住宅売却、住宅ローンが残っていても大丈夫です。
住宅を売却して全額返済出来ない場合でも任意売却なら売却できます。私たちにお任せ下さい。

一筋縄にはいかない離婚時の任意売却

愛し合って結婚をすることになった二人。しかし何らかの理由で「別の人生を歩む」という決断をされることもあるでしょう。離婚というのは結婚をする時よりも体力を何倍も消費するものです。離婚の理由は子供の養育費の問題や住まいの問題などさまざまですが、最も大きな問題の一つとして挙げられるのが住宅ローンの問題です。

離婚時に住宅を手放すケースが多く、その際に住宅ローンが残ってしまっていますと、夫婦の判断では売却をすることは出来ません。つまりローンを組んでいる金融機関の許可が必要となります。
実際に金融機関へ相談を行くと、任意売却の話を持ちかけられることでしょう。ある意味では任意売却をするしか方法は無いと言っても過言ではありません。しかし任意売却と言いましても、そう簡単に手続きが進むものではありません。

様々な関係者の許可が必要になりますし、もちろん夫婦の同意も必要です。離婚の手続きを進めている時というのは、財産の分与や養育費などの問題も生じています。必然的に金銭が絡んでくる任意売却の話もなかなか前に進みません。

また裁判によって調停となる夫婦もいらっしゃいますが、裁判で離婚が成立したとしても、任意売却で簡単に住宅を売ることが出来るわけではありません。

そして任意売却が成立したとしても、住宅ローンの全てが帳消しになるわけではなく、残高が発生します。その残高を、離婚した夫婦間でいくらづつ支払っていくかも決めなければいけなません。

このように離婚時の任意売却は決して一筋縄ではいかないものです。
後になってトラブルが生じないようにするためにも仲介人を経由した方が無難なのです。
スムーズに任意売却を進めるためにも、まずは当社へお気軽にご相談ください。

離婚による住宅相談事例

  • 離婚するので売却したい。売却しても全額返済することができないが売却できますか。
  • 共有名義の住宅があります。売却する時期は、離婚前と後どちらがいいですか。
  • 夫が住宅ローンを払い続け、妻と子供をそのまま居住させたい。
  • 妻との共有名義ですが、妻が売却に同意してくれないのですが。
  • 妻が連帯保証人になっています。売却しても住宅ローンは残りますが妻にも影響ありますか。
  • 離婚した妻と子供が住んでいます。住宅ローンの返済が困難なので売却したいのですが。
  • 任意売却して新たに住宅を購入できますか。
  • 夫名義の住宅ローンが残っている夫名義の不動産を妻の名義に変更できますか。
  • 離婚後、夫は返済を約束したけれど滞納していることが分かりました。今後どうなりますか。
  • 夫が出て行ってしまってどうしていいか分からない。
  • 夫が行方が分からず、連絡がとれないけれど任意売却できますか。
  • 連帯保証人を辞めたい。
  • 共有名義で売却方法が分からない。

ご相談事例からのQ&A

離婚するので売却したい。売却しても全額返済することができないが、売却できますか?

住宅ローンを全額返済できなくても任意売却はできます。
離婚して誰も住まなくなっても、固定資産税や維持費等は負担となりますので早めの売却をお勧めします。また時間が経つと、売却しようと思っても相手方と連絡がとれなくなったりすると売却は困難になります。住宅ローンが残っていても売却はできますので、お互いの再出発のためにも早めに売却して清算しましょう。

ページトップへ

共有名義の住宅があります。売却する時期は、離婚前と離婚後どちらがいいですか?

離婚前に売却した方が良いでしょう。
離婚後はお互い連絡したくない、会いたくないと思うことは当然の感情です。
共有名義の住宅の売却には、そのような感情から協力して進めることが困難になる場合があります。離婚前に売却することがお互いのためになります。

ページトップへ

夫が住宅ローンを払い続け、妻と子供をそのまま居住させたい。

住宅ローンを支払い続けるのであれば大丈夫です。
しかし今後、自分の住居費と生活費で2重の負担となります。当初は何とか払えても10年以上(住宅ローン完済まで)続けられるか考えてご検討ください。

ページトップへ

妻との共有名義ですが、妻が売却に同意してくれないのですが。

当事者で話合いが困難であれば、仲介人として当社が説明に伺います。
 第三者が説明に行けば、相手方には話せない事情も分かり、スムーズに任意売却ができることがあります。

ページトップへ

妻が連帯保証人になっています。売却しても住宅ローンは残りますが、妻にも影響ありますか?

奥様にも返済の義務はあります。任意売却後、ご主人が返済できなかったり破産した場合は、連帯保証人である奥様が返済しなくてはなりません。

ページトップへ

離婚した妻と子供が住んでいます。住宅ローンの返済が困難なので売却したいのですが。

住んでいる奥様に当社から今後どうなるかの説明に伺います。任意売却をする際、引越し先の斡旋もお手伝いさせていただきます。

ページトップへ

任意売却して新たに住宅を購入できますか?

住宅ローンを滞納していない等の条件はありますが、当社提携ローンで残額を購入時の住宅ローンに上乗せすることができます。

ページトップへ

夫名義の住宅ローンが残っている夫名義の不動産を、妻の名義に変更できますか?

住宅ローンが残っていなければ変更できます。
住宅ローンが残っている場合、抵当権者の同意が必要になります。ほとんどの場合、同意してくれません。
「売買できませんか?」という相談も受けますが、親族間売買は住宅ローンの借入が困難です。しかし、都市銀行の金利より少し高くなりますが、相談できる金融機関があります。詳しくは担当までお問い合わせ下さい。

ページトップへ

離婚後、夫は返済を約束したけれど滞納していることが分かりました。今後どうなりますか?

金融機関は滞納が続けば競売の申立を行います。そうなるといずれ強制退去になります。競売を避けるには任意売却しかありません。
引越し代も債権者にお願いして捻出も可能です。引越し先の賃貸物件を一緒に探すなどのこともお手伝い致します。

ページトップへ

夫が出て行ってしまってどうしていいか分からない。

連絡が取れるのであれば、当社からご主人にお話させていただきます。そして最善の売却方法と引越しを提案致します。

ページトップへ

夫が出て行って行方が分からず、連絡がとれないけれど任意売却できますか?

行方不明で連絡がとれない場合でも任意売却はできます。
裁判所に不在者財産管理人の申請を行います。手続きは一緒に同行してお手伝い致します。費用は印紙、切手代等で約1万円程でできます。

ページトップへ

連帯保証人を辞めたい。

連帯保証人を辞める事は困難です。
また、住宅ローンの返済が終わるまで、債務者が返済を滞ると督促がきてしまいます。また、財産があれば差押されることもあります。
自宅を任意売却しても住宅ローンを完済できない場合は、残りの住宅ローンは債権者と相談して無理のない金額で分割返済が可能です。

ページトップへ

共有名義で売却方法が分からない。

共有名義の場合、各々が売却に同意しないと進められません。
共有者が同意しない場合は、解決できるようお話に伺います。
また、離婚で連絡を取りたくない、会いたくないという感情から一緒に進めたくないという場合があります。不動産の売却には契約・決済と立ち合う機会が必要ですが、お互いが会わないで手続きすることも可能です。

ページトップへ

任意売却とは

ローンの返済が出来なくなった所有者(債務者)が、担保として提供している不動産が競売手続きに入る前に、債務者と債権者(金融機関など)が合意のもと、不動産を任意に売却することです。
通常は住宅ローンを全額返済しないと売却はできませんが、残ったローンは無理のない金額で分割返済していきます。

任意売却のメリット

任意売却は、通常の不動産の売却と同じ販売活動を行い、競売の場合よりも市場に近い価格で売却出来るため、住宅ローンを債権者(金融機関など)へ多く返済出来ます。
また、告知されることもないのでご近所には事情を知られずに売却可能です。滞納している管理費(マンション等)や場合により固定資産税等の税金もは、債権者より支払いが認められることがあります。 その他、引越時期や引越費用も相談できます。