0120-73-0021
Buy Out

住宅金融支援機構(旧 住宅金融公庫)の任意売却

当社では、住宅金融支援機構の任意売却を行っております。
住宅金融支援機構は、お客様がご事情により返済の継続が困難となった場合に、融資住宅を任意売却して残債務を圧縮することを勧めています。

任意売却は、住宅金融支援機構から委託された上記の会社を通して行うようになります。当社では、住宅金融支援機構の任意売却を数多く取り扱っております。是非一度ご相談下さい。

任意売却の手続き

「任意売却に関する申出書」を提出

裁判所から執行官が自宅に訪問します。その際、物件内部の調査や聞き取り調査、室内の写真撮影を行います。

物件の調査・価格査定

物件の現地調査および価格査定を行います。

販売価格の決定

債権者は販売価格が適正であるか判断し、お客様の意向もふまえ販売価格を決定します。

媒介契約の締結

当社がお客様と専任媒介契約を締結します。

販売活動の開始

販売活動を行い、購入希望者を探します。販売活動状況は債権者に定期的に報告します。

債権者との調整

購入希望者の募集とともに、住宅金融支援機構および他の債権者と抵当権等の抹消条件につい て確認、調整を行います。購入希望者が現れた時は、債権者に配分案等を提示し、抵当権等の抹消に応諾してもらえるかの確認を取ります。

売買契約の締結

債権者から抵当権等の抹消の応諾の確認がとれたら、お客様は購入希望者と売買契約を締結します。

代金決済・抵当権抹消

お客様の所有物件の引き渡し、売買代金の決済および抵当権等の抹消手続きを行います。 残債務については、お客様の生活状況を踏まえ、分割の返済で調整を行います。

 

これで任意売却手続きは終了となります。

まだ住宅ローンを滞納していない方、今後住宅ローンの返済を続けられそうにない方もご相談できますので、お気軽にお問い合わせ下さい。