0120-73-0021
Auction

競売とは?

「競売」とは借入金の返済が出来なくなった債務者が、担保として提供している不動産を債権者 (金融機関など)が裁判所に申し立て、裁判所が不動産を売却することをいいます。そしてこれにより売却される不動産を競売物件といいます。 競売物件の価格は、裁判所から委嘱された不動産鑑定士が決め、この価格が最低売却価格になります。
この価格は、競売物件が事前に内覧出来ないため、家屋内の状態が把握出来ない点(裁判所の資料のみで判断)やまた、 権利関係が複雑な場合もあるなどの理由により市場価格の5~7割程度で設定されます。
その後、公に告知され最低売却価格以上で落札されるシステムです。

住宅ローンの滞納

住宅ローンの滞納が始まると金融機関から催促状、催告書が届きます。

期限の利益の喪失

滞納から3~6ヶ月で金融機関より一括支払いを請求されます。

保証会社が代位弁済をする

保証会社が債務者に代わって弁済します。

金融機関から保証会社へ債権が移る

交渉相手は保証会社へ変わります。

保証会社が競売の申し立てをする

保証会社が裁判所へ競売の申し立てをします。

競売開始決定

裁判所から競売開始決定通知が届き、競売手続きが開始されます。

執行官の訪問

裁判所の執行官が不動産の調査のために訪ねてきます。

競売の資料作成

裁判所は「物件明細書」、「現況調査報告書」、「評価書」を作成します。

期間入札の公告

裁判所やインターネット等で入札期日等が公開されます。

競売の入札開始

入札期間内に入札が行われます。

競売の開札

開札期日に開札が行われ、最高価の入札者が落札者となります。