0120-73-0021
Secret

不動産の共有持分買取のご案内

共有不動産でお困りの方、こちらのサイトも併せてご覧下さい。

あなたの住宅ローン任意売却で解決します

 

あなたの住宅ローン任意売却で解決します

不動産を共有している各共有者は、不動産を売却する際に共有者全員の同意が必要となります。

相続等で不動産を持分で取得した場合、売却で共有者ともめたり、意見が合わなかったりということがあります。そのような時、当事者同士が調整して処分することはとても困難です。

 

  • 不動産の共有持分を相続したが、身内が使っている
  • 不動産を売却したいが、他の共有者と意見がまとまらない
  • 不動産の共有状態を解消したい
  • 不動産の共有者が行方不明である
  • 不動産を早く売却して現金化したい
  • 不動産を他人に貸しているが、賃料が公平に分配されない

このようなことでお困りの方、当社へご相談下さい。
当社では、お客様のお悩みや問題点等を伺い、共有者間の売買や買取りで解決していきます。

共有持分とは

ひとつの不動産を何名かで「持分」という割合で共有している状況で、各々の持っている所有権の割合をいいます。

共有不動産とは

ひとつの不動産を「持分」という割合で複数人(共有名義人)が持ち合っている不動産を
いいます。相続にて取得した土地・建物が主ですが、遺産分割が未了で放置されている共有不動産や相続トラブル等で遺産分割が出来ない共有不動産も多くあります。
また、ご夫婦、兄弟姉妹等で資金を出し合って購入し、共有名義で登記した不動産等も共有不動産です。

共有持分の売買

不動産の持分を持っていても、実際にご使用になっていない方や共有者との意見の違いから、売却の話がまとまらない、共有不動産の管理が大変などの理由から、ご自身の共有持分を処分したいとお考えの方から、ご質問やご相談が多く寄せられております。
各共有者は、ご自身の持分の範囲内で自由に売却することは可能です。
しかし、共有持分の売買の場合、銀行ローンが使用できず、また共有持分の不動産を買っても、その不動産を自由に使用できるわけではありませんので、第三者の購入者を探すことは困難です。仮に第三者が購入しても、共有者との交渉が必要になったり、トラブルに巻き込まれる可能性が高いからです。
一般的には、共有者間の売買が望ましいため、当社では、共有不動産の共有者との間に入って意見の調整や交渉を行い共有者間の売買、または共有者間の売買が困難であれば、自社で持分の買取りをさせていただきます。

共有状態の解消

あなたの住宅ローン任意売却で解決します共有状態を解消するにはいくつかの方法があります。
共有者間の売買、共有不動産を一括で売却し売却代金で分ける(共有者全員の同意が必要となります)、共有不動産が土地のように分けられるものであれば現物で分ける等といった方法になります。
共有状態の解消に向けての話し合いは、当事者同士ではうまくいかないケースも多々あります。しかし、第三者が入ることで話し合いが進展することもありますので、問題解決に向けてのひとつの手段として、当社へご相談下さい。

共有不動産は、親族間でも疎遠であったり、相続を重ねて複雑化していたりと放置しておけば問題が増えるばかりです。当社では、共有不動産の利用状況や持分の割合、不動産の共有に至った経緯、親族間の状況等をふまえ、問題解決に向けて取り組んでいきます。