0120-73-0021
Lease Back

リースバックのご案内

任意売却でも自宅に住み続けたい

住宅ローンを返済することは困難だけど、どうしても引越ししたくない事情の方もいらっしゃいます。そのような方には、「リースバック」または「買戻し」という方法で住み続けられる場合もあります。

リースバックとは

リースバックとは、一旦当社(または第三者)にご自宅を売却し、その後は賃貸としてお客様が賃料を払って住み続けるという方法です。 賃貸借契約を結びますので、安定した収入や連帯保証人の条件、または家賃滞納を保証する賃貸保証会社に加入していただく必要があります。 また、「将来買戻しをしたい」という場合には、事前に買戻しの特約の取り決めが必要です。買戻しまでの期間は5年以内が目安になります。

買戻しについて
 賃貸借契約の終了後、5年以内を目安として買戻しをしていただくことが可能です。
 将来、収入が回復する見込みがある、購入資金の目途が立つ、または学生であるお子様が就職して住宅ローンを利用する等の場合です。この場合の住宅ローンは、利用できる金融機関に限りがありますので、当社がお手伝い致します。

買戻しとは

買戻しとは、親、子、兄弟、親戚または、知人の方にご自宅を購入してもらい(現金かローン利用)、その後は購入してもらった方にローンの月々の返済額を賃料として支払っていく方法です。
親子間の場合は買戻しをする必要はないかもしれませんが、兄弟、親戚、知人等の場合にはいずれ買戻しが必要です。買戻しをするまでは、ローンの月々の返済額や相場程度の賃料を支払います。将来、収入の回復した時または、子供が就職して安定した収入が得られるようになった時に改めて買戻しをする方法ですが、トラブルのないよう事前に打ち合わせする必要があります。


Q 親子間でも住宅ローンを利用できますか。


A 一部の金融機関にて取扱い可能です。※審査があります。


一般的に、親子間売買で金融機関に住宅ローンを申し込むと断られるケースが多くあります。
その理由とは、
●住宅は親子間の場合、相続や贈与で取得することが一般的であり売買はおかしい。
●金利の低い住宅ローンを利用し、その資金を他の用途に使う可能性がある。(別の借金の返済等)
●売買価格に公正さが欠ける場合がある。※売買価格が適正でないと判断された場合、贈与税がかかることもあります。


当社では、親子間売買で住宅ローンを利用した実績があります。

事例紹介

知人に買ってもらいそのまま住み続けたケース

埼玉県A市在住のF様は、個人で事業を営んでいました。
しかし経営の悪化で事業を辞めることになり、自宅を売却せざるを得なくなりました。売却にあたり、F様は気になる点がありました。
F様の奥様は体に障害があり、車椅子の生活をしているため、今の自宅は奥様が、使いやすい仕様にリフォームしてあります。
引越先も同じような条件の物件を探さなくてはなりません。F様には、出来ればここに住みたいという希望がありました。そのため、投資家や知人に声を掛けたところ、F様の知人がこの物件を購入してF様に賃貸するということを承諾してくれました。
F様の住宅ローンの残債は約2,000万円あり、売却価格は1,060万円で、F様は無職で残債の返済が出来ないため、破産手続きを行いました。
F様は、自宅を売却後も家賃を払いながら同じところに住むことができ、任意売却によってF様の希望通りの売却を進めることが出来ました。

セールス&リースバックを希望した方のケース

東京都A区に在住のK様は、破産手続きを控えておりました。任意売却の相談において、K様は所有している自宅に住み続けたいとの希望がありました。当社は、その自宅を買取りK様へ賃貸し、将来K様の親族が買い戻すという計画で進めました。

 

まずは、当社がK様の自宅を買取る金額と将来、K様が買い戻す金額を提示、相談していきました。幸い、自宅の住宅ローンの残高は自宅の売買金額よりも下回っていましたので、売買金額の決定や条件等の打ち合わせは、順調に進みました。売買契約とともに、定期建物賃貸借契約を締結、解約時までの買い戻す権利も付与し、現在、K様は賃貸として元自宅にお住まいになっています。

セールス&リースバックを希望した方のケース②

東京都A区の依頼者より競売間近のマンションを任意売却で当社が買取し、リースバックしました。
依頼者の希望は「家賃を払って住み続けたい」ということでした。

住宅ローンの残額は、当社の買取金額で完済できるので、簡単な案件だと思いました。しかし、家賃を払い続けてもらうため住宅ローン以外の借入状況を尋ねると他にカードローンの借入が5社で約600万円程ありました。

これだけで月に約15万円の返済でしたので、今後の家賃の支払と生活で行き詰まる可能性が高いと判断し、弁護士を紹介して破産手続きの依頼を行いました。

この度の任意売却で気を付けたことは、
1.住宅ローンは完済するため、破産手続きで管財人弁護士が付く。不動産売買にはカード会社から詐害行為と言われないように適正な価格でマンションの売買をする。
2.管財人弁護士の費用、賃貸の契約金の確保
3.全ての債務を清算して、家賃の支払いができる。安心して住み続けてもらう
以上の点でした。

この度の売却により債務を清算して、また破産をしても自由財産の99万円は確保できる予定です。当初の買い取り金額より約15%買取価格が上がりましたが、無事依頼者の希望通りの任意売却ができたと思います。